マットレスがおすすめの理由

朝起きた時に体がだるい、腰が痛い、十分睡眠をとったつもりでも何となく疲れが取れてないような気がする、あるいは早めに休んだにもかかわらずなかなか寝付けずに何度も寝返りを打ってしまう、という人は布団が自分の体に合っていないのかもしれません。

では、そのような人はどうすれば良いのでしょうか?一つの方法としては、マットレスを敷くことです。マットレスとは布団の下やベッドの上に敷く弾力性のある分厚い敷物のことで、弾力性や復元力があるために、重心が一か所に集中することを妨げる働きがあります。さらに、床に布団を敷くと布団の弾力が足りず、朝起きた時に背中が痛い、というつらい思いをすることを防ぎます。また、布団と比べるならある程度の高さがありますので、布団から起き上がるときに膝がいたい、立ちにくいというつらさも解消できます。

加えて、おすすめの理由は、弾力性に加えて通気性が良いことです。床の上に布団を敷くと寝ている間にかいた寝汗で布団の裏がぬれたりカビが生えたりしますが、マットレスは布団に比べると通気性がいいですので汗が溜まることなく布団を生活に保つという働きがあります。こうしたことを考えると、マットレスはおすすめといえるのではないでしょうか?マットレスといってもいろんな種類や大きさや高さが合いますので、自分の体や健康状態や生活スタイルさらに部屋の構造などをよく考慮して、合うものを選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *