マットレスを使って眠るのがおすすめです

マットレスを使うと体圧を適度に分散させて身体への負担を軽減でき、床に布団を敷いた場合よりも快適に眠れるのでおすすめです。

硬い床に直接布団を敷いて寝ていると背骨や腰に負担がかかったり、血行が悪くなることがあるので注意してください。ベッドは床から一定の高さがあるので寝ている最中に埃を吸い込むことがないため、喉を壊したり風邪を引くのを防ぐことができます。適切な硬さのマットレスを使うと横になったときに立っている状態と同じような自然な体勢になり、肩や腰に過度の負荷がかかるのを防げるのでおすすめです。体格や体重などによっておすすめの硬さは異なるため、ベッドを購入する場合には実際に家具店やホームセンターなどで横になってみるとよいでしょう。

最近では通販サイトの口コミ評価などを参考にしてベッドを購入するケースが増えていますが、通販で買う場合にも自分に合ったタイプのマットレスが分かっていれば安心です。柔らか過ぎるベッドで寝ていると身体が安定しないため、寝返りを打つ際に筋力が必要になり疲労を回復できないことがあります。また身体が沈み込み過ぎて寝苦しさを感じ熟睡できなかったり、背骨や腰に負担がかかるので注意が必要です。

反対に硬過ぎるマットレスでは身体の接触箇所が圧迫されて血行が悪くなるため、痛みやしびれが出ることもあります。血行を促進しようとして無意識に寝返りが多くなるので、効果的に疲労を回復させることができず朝起きたときに疲れが残ってしまいます。背骨が立っているときの曲がり具合よりもやや緩やかな曲線を維持できる寝姿勢になるベッドを選べば、快適に眠ってしっかりと疲れを取ることができるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *